2011年02月25日

ムジークテアターに未来はあるか? 〜東京二期会・コンヴィチュニー演出『サロメ』をめぐって〜

貶められたサロメを救い出す演出!?

たぬき:オペラ界この春の話題作のひとつ、東京二期会のペーター・コンヴィチュニー演出『サロメ』。いつもながらに現代世界の頽廃をテーマに、グロテスクで同時多発的な演出を多用してコンヴィチュニー健在を知らしめた訳だけど、ぽわんさんも彼のファンなんだよね?
ぽわん:そうだよ! 単なるこけおどしじゃなくて、歌詞も読み込んだ上で思いがけない意味を付与できる人。大胆な設定置き換えとともに、すごく細かい工夫があって面白いから好きなの。
たぬき:うん、今でこそ「過激な演出」自体ありふれちゃったけど、そうした中でも彼の演出の特徴のひとつは、オリジナルのスコアと言葉の辻褄を、小芝居でやたらチマチマと合わせていくところ。例えば今回で言うと、急にテンポと拍子が変わってヘロデ王が"Tanz für mich, Salome!"って歌い出すところがあるよね。あそこってちょっと唐突な感じがするけど、それを補うためか、そのちょっと前からヘロデ王がヘロインをアブって静脈注射して、その幻覚で「踊ってくれ、サロメ」って言わせることにしていたね。これはとても巧い手で、おかげで、その後彼が急に寒くなったり熱くなったりするあたりにも説得力が出てる。こんなふうに、グランドデザイン(=現代世界の頽廃)とディテール(=麻薬による幻覚)が、音楽を媒介にうまく調和してるのが彼の演出の特徴だね。
ぽわん:あと、今回のプロダクションで好きだったのは、サロメが素敵に描かれていたところだな。サロメって悪女みたいに扱われていて、ヨカナーンからも汚れた存在だと非難されるけど、あれってひどいよね。サロメの母親のヘロディアスが、サロメの父親の弟にして兄を殺した当人であるヘロデと結婚したというのが主な糾弾理由になってるけど、それって『エレクトラ』と同じ展開だよね? サロメはいわばエレクトラと同じ立場で、むしろ被害者かもしれないじゃん。でもコンヴィチュニー演出では、サロメ以外の人々はヨカナーン含めて俗悪だけど、サロメだけはその中にいても愛を信じていて、最後はヨカナーンと二人で外の世界に飛び出すっていう結末になっていて、良かったなあ。
たぬき:最後がいきなり純愛讃歌になるのは彼の得意技で、『トリスタンとイゾルデ』の最後で棺桶が2基出て来たのを思い出したよ。ちなみにコンヴィチュニーは旧東独出身でベルリナー・アンサンブルで修行した訳だから、ブレヒトの孫弟子に当たる。インタビューのたびにブレヒトに言及してるし。それでもって、実はブレヒトも純愛を描くのが得意だよね。『セツアンの善人』のシェン・テと飛行機乗りのヤン・スンのくだりとか。ブレヒトが純愛なんて信じてなかったのは彼の女性遍歴から見て明らかだけど(笑)、やっぱり社会の圧政の対立項としては便利なんだろうねえ、純愛って。
ぽわん:単なる純愛じゃなくて、不当に貶められてたサロメの復権の物語なんだと思うよ、これは。やっぱり雄のたぬきさんにはわからないんだわねえ、その大きな意味が!


ムジークテアター、今後の可能性は?

たぬき:東京二期会の歌唱もアンサンブルもすごく良かった。さぞ密度の濃いリハーサルをこなしたんだと思う。やっぱり高い集中力で取り組むことは何よりも重要だね。多かれ少なかれルーティンぽさが感じられる引っ越し公演なんかよりずっと良かった。
ぽわん:サロメ役の大隅智佳子はじめ、歌手陣も大健闘だったよね。二期会がコンヴィチュニー演出を上演するのは『皇帝ティトの慈悲』『オネーギン』に続いて三度目。毎回すごくがんばってると思う。激しい動きや極端な格好もしっかりこなしながら歌うんだもん。上演にこぎつけたスタッフも讃えたいね! あと、東京都交響楽団の演奏も良かったし。
たぬき:都響ってこぢんまりしたイメージだけど、すごくいい演奏だったね。ところで、昔からムジークテアター派に対しては「状況設定を無視している」「肝心の歌をおろそかにしている」みたいな批判があったけど、最近は逆に「もはやコンヴィチュニーの時代は終わった」みたいなことを言い出す人も出てきたね。確かに四角い密室のセットは『アイーダ』の延長線上だし、そもそも、支配階級の堕落とそこからの死を賭した脱出という点では、今回の『サロメ』と『アイーダ』はまったく同じだもん。
ぽわん:さすがに数をこなすとパターン化しちゃうっていうのは、演出家の常なのかもね。日本の実力者で考えても、蜷川幸雄も栗山民也もそういうところがあるのは否めないよ。
たぬき:唐十郎なんて、観始めて20年ぐらい経つけど何も変わってないよ(笑)。コンヴィチュニーからも演出家として新しい手法は出ないかもしれないけど、未だに「歌手に芝居させる能力」はトップクラスだよね。彼はもはや大御所だからフォロワーも多い訳だけど、フォロワーたちは若い分もっと傍若無人になれるし、インパクトという点では次世代に道をゆずっていくのかなあ。
ぽわん:じゃあ、たぬきさんは次代を担うオペラ演出っていうのはどうなると思うの?
たぬき:いわゆるユーロトラッシュ(これってアメリカのオペラ愛好家が付けた蔑称なんだっけ)の演出家でコンヴィチュニーより下の世代って、すごく映画からの引用が多いよね(でも、元ネタを知ってると更に興味が増すって訳じゃなくって、単なるヴィジュアル的な効果が第一義って感じ)。あと、今回の『サロメ』にも出てきたけど、歌わないアルターエゴみたいなのを出したり、いつも性差の闘争みたいなのを取り扱ってる。要するにユーロトラッシュはブレヒトと映画、それと精神分析に多くを負ってる訳で、ブレヒトをファシズム(と社会主義)の産物と考えれば、これらは所謂20世紀の三大発明。さて、21世紀は…マイク使用は最小限という縛りがかかっている以上、マルチメディア方面の伸び代は少ないだろうし、ゲイ美学全開みたいなのも増えたけど、まずソプラノありきのオペラ界での位置は…難しいねえ。もうしばらくは20世紀の遺産でやっていくしかないのかなあ。ただ、話は戻るけど、件のアメリカのオペラの総本山・METでさえ、ピーター・ゲルブが総支配人に就任してからは斬新でシアトリカルな舞台が増えてきた(すぐ近所のブロードウェイから演出家を連れて来るのはいかにもMETらしいけど)。それはつまり、オペラもパフォーミングアートだという流れは止まらないということだよね。なんたって観てて楽しいもん。ただ、若い演出家の中には、音楽も歌手も自分の表現欲求の手駒、もっと言うと単に本人の趣味みたいな人も多いよね。ああいうのはいただけないなあ。やっぱり社会性は欠けてほしくない! そもそも「オペラに社会性を」というのがムジークテアターの始まりなんだから。
ぽわん:わたしの希望としては、正直、作品によるかなあ。社会性なくオーソドックスに上演してほしい作品と、そうでない作品がある気がするけど… これはもう、手腕とセンスの問題なのかもしれない。そして、手腕とセンスの高い演出家がオペラに現れるには、数をこなすしかないのかも。となるとやっぱり、オペラの内部から演出家を育てるのと同時に、「目利き」的なプロデューサーが、素質のありそうな異分野のひとにどんどん挑戦させるっていうのが大事なんじゃないかな。でも日本で言うなら、まずは「目利き」を育てることから始めなきゃ、かな?
posted by powantanuki at 23:22 | TrackBack(0) | 芝居の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187790443

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。