2011年01月30日

演劇は誰のもの? 〜『わが町』『浮標』再演をきっかけに考える〜

グローバリズムとローカリズムのさじ加減

ぽわん:ちょっと大上段にかまえ過ぎたタイトルだけど、何が話したいかっていうとね、最近、近代の名作の再演が増えてるじゃない。『わが町』とか『浮標』とか。あれって、演劇界的にはすごくいいことだと思うんだけど、観に来る人にはどういう人を想定しているんだろう?ってふと思って。
たぬき:いわゆる「古典だから見に来る」演劇ファンは2割ぐらいで、残りは「誰々の演出だから」「誰々が出るから」じゃないのかなあ。そういう残りの8割が、それをきっかけに古典に興味を持ってくれれば…ということなんだろうけどね。
ぽわん:でもさあ、一口に古典って言っても、例えばシェイクスピアなんかは大昔の作品だし、そうでなくてもドレスを着るような「赤毛もの」(古い?)とかなら、観客も自分との距離ができて今の自分と細かいところを引き比べたりしないかもしれないけど、『わが町』みたいな、もちろん過去の時代の作品だけど、今風にリアルに上演されがちなものって、「今の話」だと誤解されないかとふと不安になるんだよね。『わが町』ってほのぼのするけど、一方で、すごく保守的な町の物語でもあるし。
たぬき:そうだね。『わが町』は手法の斬新さで有名だけど、その手法によって描写される中身は、当時つまり1930年代のアメリカの日常なんだよね。「新しい革袋に古い酒」というか。ただね、若い2人のすれ違いとか産後の肥立ちが悪いとかっていうのはいくらでもドラマティックに出来る題材なんだけど、当時はそうした出来事を「淡々と語る」こと自体が新しかったんだ。モダニスト作家、ガートルード・スタインのThe Makings of Americansっていう小説が元ネタなんだけど。
ぽわん:実際、こないだ新国立劇場で上演された宮田慶子版は、小堺一機に過度なおふざけをさせず、敢えてストイックな抑えめの演技をさせてたなあ。
たぬき:それはモダニズム戯曲の解釈としてはすごく正しい。はしゃいでる『わが町』なんて意味がない。白地図みたいな戯曲だから演ろうと思えば簡単なんだろうけど。
ぽわん:なるほどね。…話がそれたけど、とにかく、そういう、少し前の作品を、時代性を強調せずに上演するっていうのは、面白くもあるけど、複雑な気分でもあるな。新しく見せても、作品に通底する考え方やセリフは微妙に昔の価値観だったりするよね。もちろん、それがその芝居の価値のすべてではないからこそ上演されるわけだけど。
たぬき:なんで複雑な気分になるの?
ぽわん:つまりね、例えば『わが町』が感動的な話なのはよくわかるんだけど、しんみりしたり涙したりしている若い観客を見ると、一方で、「その芝居はすごく昔の価値観に基づいていて、たとえばフェミニズムとかゲイ&レズビアンカルチャーとかが入っていない保守的な世界だよ、結婚して女は主婦になって男は外で働いて、子供作って死ぬ、みたいな物語が当たり前に展開するけど、それがすべてじゃないっていうことも、わかってるよね?」って確認したくなる(笑)。今って社会が保守的になっているだけに。…枝葉末節かな?
たぬき:確かに、歌舞伎の時代物を観て「主君の恩に報いるために我が子を犠牲にするなんて封建的!」とか「『女がゆえの浅はかさ』って台詞ふざけないで!」とか怒る人は今更いないけど、近代劇だとそこまで作り事として突き放した見方はできないかもね。とはいえ3幕の墓場のシーンって、誰もが人生というものをある感慨とともに振り返らざるを得ない名場面だよ。それは、時代物に封建道徳を超えた感動があるのと同じじゃないかな。
ぽわん:うん。それはもちろん、わかってるんだけどね。
たぬき:ちなみに、さっき言ったガートルード・スタインって、レズビアンでゲイリブのはしりみたいな人なんだ。だからきっとヨーロッパ系の演出家なんかだと、舞台監督役に彼女を思わせる女優を配して別の女優とイチャイチャさせるとか、墓場の場面でレズビアンのカップルを出すとか、そういう目配せをするかもしれないね。日本でそういうのやっても好事家のスノビズムをくすぐるだけだろうけど。

何がツボか。どんな影響を与えるか。

ぽわん:今話した『わが町』では、現代的に見せることで、保守的な内容も現代のものとして受容されないかっていう心配があったんだけど、逆の心配もある。たとえば『浮標』は戦争が絡むお話だけど、それを普遍的に上演した長塚圭史演出では、少しその辺りが弱かったっていう声もあるんだよね。
たぬき:古典をやるのなら、「ここは落としてはいけない」というツボがあると思うんだよね。化政文化の頽廃がない南北、社会意識の欠けたイプセンなんてありえないでしょ? で、長塚にとって、三好十郎のツボは「熱く情熱をたぎらせる男」で、そこに体当たりで挑んで突破することを目指したと思うんだよね。『胎内』のときもそれは感じたんだけど。ただ、ツボってのは本質的に、コンセプチュアルなものでないといけないのかもね。ほら、つか芝居でさえ熱演すりゃいいってもんでもないでしょ? 彼のツボは、やっぱり「差別される者の栄光」とかかもしれないし。いわゆるサブテキストとかバックグラウンドを掘り下げることは、その「ツボ」を探る上では、今でも有益だと思う。長塚って結構下調べする方だって聞いたことあるけど、それを手放すのが早いのかな?
ぽわん:いや、名作から時代感みたいなものを取り除いて普遍的/抽象的な演出で見せるっていうのが、最近の長塚演出のコンセプトのような気がするから、意図的なんじゃないかな。昨年、シアターコクーンで上演した『タンゴ』もその路線だったし。ともあれ、『浮標』を初めて観る人にとっては感動的だったみたいで、評判はいい。一方、過去に別の演出での『浮標』を観た人には、「演出はともかく、やっぱり戯曲がいいことを再確認した」っていう意見が多い。戯曲の良さを含めて感動が伝わったっていうのはすごくいいことだから否定するつもりはないけど、それは公演の良さというより戯曲の良さに起因する感動なんじゃないかなあとも思うんだよね…。
たぬき:三好十郎って、長塚だけじゃなくて鐘下辰男も栗山民也も一時好んで演ったけど、要するにみんな戯曲のパワーに惹かれてるんだよね。鐘下だと、戯曲自体が彼好みの限界状況そのものだし、栗山だと、舞台とは役者と役者のエネルギーの投げ掛け合いだという彼の演出論にうってつけだし。三好みたいな人が居なくなったのは、文学者の戯曲離れとともに、作・演出を兼ねる演劇人が増えたせいで、戯曲のポテンシャルだけで引っ張れるホンを書ける人、簡単に言えば専業の劇作家が絶滅しちゃったせいじゃないかな。
ぽわん:あと、演劇の発信側は、観客に影響を与えたいと思うんだけど、それがどんな影響なのかは操作しきれないよね。『わが町』で「ああ、これこそ人生だよね。私もいつかお嫁さんになるんだあ」なんて思ってほしくないし、逆に『浮標』では戦争のことをもう少し考えてほしいなんて思ったりするわけで、要は受け手がどのくらい自立しているかっていったら大げさかなあ。
たぬき:演出家の鈴木裕美が「演劇が社会に対して何らかのメッセージを発する必要はあると思いますか」みたいな質問を受けて、「私に出来ることは、いわゆる悪役の側にもしっかり存在理由を見つけてあげること」といったようなことを言ってたことがある。これはとても誠実な言葉で、本来舞台とは1つのメッセージが押し付けられる場所ではなくて、案外多くの視点が並べられてもいるんだ。それを読み解くのは観客の咀嚼力にかかっているんだろうけれど。
ぽわん:観客の咀嚼力を刺激するために、視点を多く提示することが大事ってことなのかな? 演劇が誰のものか、というのは、簡単には出せない結論だと思うので、引き続き考えて行こう!
posted by powantanuki at 22:34 | TrackBack(0) | 演劇論ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。